フォルヒ、フォルヒ・ギター、FURCH、FURCH GUITARS

 
 
 
お見積・試奏の方は下記まで・・・
 
 
 

 

Introduction
まずはFurchというギターメーカーについてのご紹介。
チェコスロバキア社会主義共和国時代の1981年に、ブルーグラスプレイヤーであったFrantisek Furch(フランティセク フォルヒ)氏は、自らとその仲間の為にギターを製作する。当時、共産主義体制下では輸入品ギターは高価で一般人には手の届かないもの、またギターメーカーとして開業する事は違法行為であり、それは自宅のガレージ程度のごく小規模なものでした。初めて製作したアコースティックギターは樹脂製のボウル形状のボディーバックを持っていた。
その後の試行錯誤により徐々に品質を高め、プロ・アマ問わず地元プレイヤーの高い評価を得るまでになる。そして1989年〜93年にかけての民主化・独立運動の末にチェコ共和国となり、その93年時点で20名ほどのスタッフを抱えるギターメーカーになっており、本格的に市場へと参入する。
以降は隣国ドイツへの輸出開始から広がる欧州へのデリバリー、そして縁があって2003年より私共が日本へのインポーターとして取扱を開始、全くの無名メーカーでしたが品質とコストパフォーマンスで徐々に日本のユーザー様にも認知されるようになりました。

copyright(c) 2005 Onsa All rights reserved.